>

バックアップ体制が充実している

活動の拠点はあくまで国内

新亜光学工業株式会社は、ヨーロッパ諸国とも肩を並べられるほどの技術力を誇っています。
そしてそこに至るまでの道のりは決して平坦なものではなかったかと思われます。
自社工場はシンガポールなどアジアにありますが、そこが拠点というわけではなくあくまで国内に拠点を置いて活動をしている会社です。国内拠点でも海外出張などで海外の情報を積極的に取り入れ地道に自社製品を、その技術力を海外に知らしめているのです。
もちろん自社製品をただ売り出すわけではありません。製品もそうですが、海外での目的は相手の技術力を研究するというのが大半ではないでしょうか。特にヨーロッパ系の諸外国の技術力は昔から最先端をいっているので得る所は大きいと思います。

技術者の飽くなき研究心に国境は存在しない

技術者という方々は、おそらく一般の方々の常識では測りきれないほどの好奇心の持ち主なのではないかと思います。
そしてその好奇心は国内ではおさまりきらないのではないでしょうか。特にどの分野でも一流といわれる方々は、外国の文化や技術に非常に興味を示される方が多いように思えます。
そして専門知識を深めていくとどんどん新しいものに興味が出てくるためか、言語の問題などあってないようなものです。というよりこういった精密機器関連の研究は海外の方が進んでいるためまずは英語が出来なければ話になりません。ドイツ語やフランス語などヨーロッパ諸国の言語は一通り理解していないとより高度な技術は学べないでしょう。

研究者同士、色々と通じ合う所もあると思いますが、持論を展開しながらの会話をしている時は、国は関係なく一人の研究者としての楽しいひと時なのではないかと思います。


この記事をシェアする